パソコントラブルを起こした場合の症状と傾向

データが消滅してしまった理由が論理障害の原因だった場合、データ復元が可能な時もあるので諦めるのはまだ早いです。データが上書きされていない限り削除されたデータは復元することができます。

上書きをしてしまった場合はバックアップ情報から見つけます。フォルダはフォーマットの種類やハードディスクの種別によって消滅するケースもありますが、ファイルが100%消えたわけではないので、残っている確率もあります。

通常の移動とデータの書き直しの2パターンがファイル移動にはあります。オペレーションシステムのエラーやハードディスクの物理障害が原因の場合にファイル移動をすることでデータが消えます。フォーマットしますか、というメッセージが表示された場合、MBRに障害があります。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

コンピューターウィルスや物理障害が発生していることが原因として考えられます。データ復元ができるかどうかは、MBRのバックアップが残存状態に左右されます。

データの読み書きを行なうとエラーが出てしまう、フォルダが開かない、画面が登場する時間が長い、パソコンから変な音が聞こえてくる、データ保存に時間がかなりかかる、などの状況がパソコンに起きた場合、論理障害が原因の故障をパソコンが起こしかけているのでスグにデータをコピーしたりバックアップを取ってください。

OPERATING SYSYEM NOT FOUND、NTLDR is missing Press Ctrl+Alt+Del to restart、DISK BOOT FAILURE~というメッセージが画面に表示された場合、オペレーションシステムの起動がエラー状態になっています。オペレーションシステムの起動ができない場合、MBRが破壊されている可能性がかなり高いです。

パソコンの調子がなんかおかしいぞと感じたら

物理障害が原因によるデータ復旧を個人でしようとしても、それはかなり無謀なコトと言えます。安全かつ確実にデータ復旧をしたいなら、データ復旧サービス会社に頼んだ方がベストな選択です。

基盤が故障していたりモーターが回転しないトラブルは電気系統のトラブルです。基盤が故障していると、BIOSで識別がされません。

他にもモーターが回転しなかったり、サーボ機構が機能しないので目的の場所を探せません。ハードディスクから基盤を取り出すことで基盤が故障しているかを確認できます。基盤不良だった場合、基盤から焦げたニオイや異臭などがして、焦げ跡を見ることもあります。

モーターが回転していると振動があるので、モーターが回転しているかしていないかは分かりやすいです。
振動がなかった場合はハードディスクを取り出してください。ハードディスクを手で持って電源スイッチを入れて振動を感じるコトができればモーターは回っています。基盤やモーターが故障しているとモーターは回転しません。

他にもヘッドが癒着しているケースもあるので、癒着による結合部分を解消するとモーターが回転します。注意しなければならないのが、電源スイッチを入れている時間を短くすることです。電源スイッチを長時間入れていると、基盤にダメージが生じたり現状よりも悪くなる可能性があります。

ヘッドが壊れているとカタカタという普段聞かない異常音が聞こえてきます。ヘッドがデータの場所を探し出す時にストッパーに当たってしまうのでカタカタと音が鳴ります。読み書きができなくなってしまった時はこのヘッドが壊れた時です。

ヘッドの汚れ、ヘッドを支えるジンバルが変形していたりヘッドが外れているなど、ヘッドの異常が起きる原因です。ヘッドが完全に外れているとカタカタという音ではなくキーキーという金属音も聞こえてきます。

そうなるとディスク盤を引っ掻いているので傷つけてしまう可能性があるので、早めにデータ復旧サービス会社に依頼しましょう。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る