想像以上に暑さには弱いパソコンとハードディスクの寿命

1年の中では5月~11月の期間はハードディスクのトラブルでデータ復旧作業の依頼件数が約1,5倍にも膨らみます。 中でも夏場である7月~9月は、パソコンメーカーのカスタマーサポートやデータ復旧サービス会社の相談件数も増加します。 季節に関係なくパソコンは1年中トラブルが起きると言われていますが、夏から残暑の間はハードディスクの故障が多いのは事実です。

問題なく金曜日まで使えたパソコンが月曜には使えなくなったというケースは頻繁にあります。 この原因は主に湿度と温度にあります。 夏場のハードディスクのトラブルの原因も大半がこの2つです。 使用期間の長さによって変化しますが、ハードディスクをパソコンから外してみると熱くて触れない程の熱をもっていて基盤が壊れています。

特に購入から3、4年経過しているハードディスクの場合、この最後の夏に壊れるケースが多くなります。というのもハードディスク自体も熱を出します。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

しかし近年の酷暑や猛暑などの暑さが重なることで、ハードディスクの基盤や内部の精密機器に熱が伝わります。 そのため品質が急速的に悪化します。 このような暑さなどが原因で壊れた場合、物理障害と言ってデータの復元はプロにしかできません。

原発の稼働停止などの影響で省エネのため、エアコンの設定温度がかなり高い状態になっている所が増えました。 そのため熱を発するパソコン自体の温度が上がってハードディスクがクラッシュしてデータが消えてしまいます。

他にも会社の長期連休や建物点検などで空調や電気が止まり、部屋の温度が一気に上がってしまってパソコンが壊れてしまった、というケースもあります。

パソコンは寒さには強くても暑さには弱い製品です。 近年ではハードディスクが節電の影響で壊れてしまったという相談が増加傾向にあるので特に注意が必要です。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る