セクターとクラスタの違いとは?

ハードディスクを記録して管理する時に使う最小の単位のことをクラスタと呼びます。クラスタよりももっと小さな単位のことをセクタと呼びます。複数のセクタが集まって作られたのがクラスタです。

ハードディスクでデータを記録するための最小の単位がセクタです。セクタ単位で小さく分割されたデータをハードディスク内で読み込んだり書き込んだりします。フロッピーディスクやハードディスクの最小単位が1セクタということを覚えておきましょう。

データを管理するのにセクタを使わずにクラスタをしようするのは、どうしてでしょうか。
数年前と比較するとハードディスクの容量を比較すると圧倒的に大きくなっているからです。

10年以上前では数GBのハードディスクが普通でした。20年ほど前なら4GBくらいが標準です。それが今では2TB,3TBといったものが普通に使われるようになっています。

容量的には1000倍ほど増えているです。

そのため・・・

データなどを管理する上で、クラスタの単位で管理している方が便利だからです。
最小単位であるセクタで読み書きを行なうと、効率が悪く時間がかかります。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

管理をセクタで行なうと、数千万単位のセクタを複数管理しなくてはなりません。そうなると、多く管理するためにはハードディスクでも容量の大きいものが必要になってきます。ハードディスクの容量によってクラスタのサイズは変わってきます。

クラスタのサイズが小さい方が同じ要領のハードディスクを使っても、効率的にデータ管理することができます。FATとは、ハードディスク内のデータ管理を行なうファイルシステムです。このFATはクラスタ単位で管理します。FAT12(12ビット)、FAT16(16ビット)、FAT32(32ビット)の3種類のFATがあります。

管理できるクラスタの最大値をビット数が現しています。しかし、FATではなくNTFSというファイルシステムをWindowsNT、Windows2000、WindowsXP、VISTA、7、8などでは用いています。

UNIX系ではext2やext3などが使われており、MACなどではHFS+などが使われています。

フォーマットしますか?と初期HDDの場合、メッセージがモニターに表示されることがありますが、このフォーマットしますか?という意味はファイルシステムを決めて初期化しますか?という意味です。

そのため単純にはファイルシステム=フォマット形式と理解しておけば良いでしょう。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る