知っておきたい論理フォーマットと通常フォーマットの違い

物理フォーマットと論理フォーマットの2種類がハードディスクを初期化するためのフォーマットにはあります。 このフォーマットとは初期化の意味です。

論理フォーマットは、WindowsPCで行なう初期化です。 論理フォーマットは使用するOSに対応したものを用います。 初期化はディスクの管理画面から実行することができます。 例えばWindowsXPの場合は、コントロールパネルから管理ツールを選びます。 ですがフォーマットをすればデータが全て消えてしまう、というわけではありません。 データを見えなくして再度、使えるように整えるわけです。

そのためデータを戻して復元することができるケースがあります。ですが、実際はフォーマットする必要がありますとエラーメッセージが表示されたらを参照ください。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

論理フォーマット

ファイルシステムを初期化し位置などの取り決めを再度やり直ししたのが論理フォーマットです。 FAT、FAT32、NIFS、GPTなどの種類がファイルシステムにはあります。この規格に沿ってこの領域を書き込む、などのルールをやり直しただけであって、そのままデータは残っています。

例えばハードディスクの各パーティションの先頭セクタに規格のルールがあります。 データが残っているのは、その先頭部分のみを再設定化したからです。 更に、クイックフォーマットと通常フォーマットの2つがパソコンから行なえるフォーマットとしてあります。 一般的には、このクイックフォーマットを実施するケースがほとんです。

通常フォーマット

通常フォーマットはセクターの損傷など、不良箇所をチェックして修復作業をしているので時間も長くかかります。ハードディスクの容量や障害状況、パソコンのスペックにもよりますが、1日、2日かかる ので、結構、大変な作業になります。

この通常フォーマットは物理フォーマットのようにハードディスクを上書きする作業ではないので、データが消えてしまうことはありませんが、メディアの状態によってはデータが破壊されるので要注意です。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る