WINDOSが起動できない!どうしたら良い?

パソコンのトラブルの中でも多いのが、ハードディスクが突然故障してしまったというケースです。異音がしたりして突然ハードディスクが壊れてしまったと感じる人がほとんどですが、それまでに何らかの前兆が起きていたのにも関わらず見逃してしまった、という人が多いのが実情です。

パソコン内の情報やデータをなくさないためにも前兆に気付いて早めの対処をすることが大事です。

主に故障の前兆で多いのが、データの読み書き時にエラーが起きてしまう、開けていたフォルダが開けなくなる、異音が聞こえてくる、アプリケーションプログラムのインストールやセットアップができない、データを保存する時に異様に時間がかかる、などの症状があります。

このような症状が少しでも現れたときは速やかにデータのバックアップをとり、ハードディスクを新品のものに変えるのが鉄則です。と、言っても実際は、この時点でほとんどがデータのコピー作業も出来ないケースがほとんどです。

プラッターの記録面の劣化や読み取りエラー、データの読み込みや書き込みをおこなうヘッドの異常など、物理的な故障が原因の場合、対処することは一般ユーザーでは不可能です。

症状が悪化し、2度とデータ復元が出来なくなる前に、専門のデータ復旧業者に相談sるのが賢明です。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

表示されるエラーメッセージ

表示されるエラーメッセージは、OSを起動した時に

  1. OPERATING SYSYEM NOT FOUND、
  2. NTLDR is missing Press Ctrl+Alt+Del to restart
  3. DISK BOOT FAILURE~、

のどれかのパターンが多い傾向があります。

OS系ではないトラブルでは、

  1. フォーマットしてください、
  2. フォーマットされてません、
  3. フォーマトしますか?
  4. フォーマットする必要があります

というファイルシステムが原因のトラブルも数多くあります。

このようにエラーメッセージで原因を予想することは可能ですが、実際は原因をエラーメッセージだけで断定することは難しい傾向があります。

というのも、エラーメッセージが表示しているのは直接的な原因ではないケースがあるからです。

ハードディスクの故障なのか?パーテーションの消失なのか?ファイルシステム、つまりフォーマットのエラーなのか?MBRを含むOSだけのトラブルなのか?障害の原因が複合的なケースがあるからです。

スイッチを入れるとパソコンはまずBIOSが起動します。この作業が問題なく進むと、ブートシーケンス(BIOSがBOOTDISKを探し出す作業)が始まります。BOOTDISKが決まると、OSを起動させるための情報がマスターブートレコードに読み込まれます。

ハードディスクの先頭箇所には普段は見えないため、意識することはまずありませんが、512バイトのセクタがマスターブートレコードのハードディスクの先頭にあります。パソコンのOSが起動できなくなってしまうのは、このマスターブートレコード(MBR)が破壊された時です。

但し、MBR(マスターブートレコード)だけの何らかのトラブルは非常に軽度の部類に入ります。

ハードディスクが壊れているかいないかを確認してみよう!ハードディスクの故障トラブルの原因と対処法

パソコンの電源スイッチを押したのにウィンドウズが起動しない!!このようなOS側のWindowsが起動されない場合、ダメージレベルが分かれば対処法もある程度、検討することができます。ところがダメージレベルが高い場合は実際、個人で復旧するのは不可能で、データ復旧の専門業者に依頼をするのがベストな対処法です。

尚、起動の優先順位がフロッピーディスク、CD-ROM、ハードディスクの通常通りの設定であれば、ハードディスクの状況をBIOSの診断ツールで確認することができます。起動の優先順位が通常と違ったり設定で順位を自分で変更した場合、BIOSで通常の優先順位に初期状態に戻さなければなりません。この場合、Deleteもしくはキーボード上部にあるF10でBIOSを起動することができる機種もあります。

マザーボードの故障が考えられる時は、BIOSが起動しない、フロッピーディスクやCD-ROMが認識されない時です。
また普段、パソコンの内部を開けて、色々とカスタマイズしたことがない普通の人にとって、ハードディスクの取り外し作業は難しく経験のない人やパソコンに知識がない人がしてしまうと、パソコンを壊してしまう可能性もあります。

そのため、ハードディスクの取り外し作業もできるだけ、専門業者に依頼した方がいいです。最近では、無料でHDDの取り外し作業をおこなってくれる業者も増えてきました。

ハードディスクを取り外して別のパソコンで確認する

またハードディスクがIDE接続の場合、パソコンが2台あれば、トラブルが生じていない方のパソコンで障害ハードディスクのジャンパーピンをスレーブ設定することで確認ができます。残念ながら物理障害が原因の場合、IDEまたはSATAで接続しても認識することができません・・・。

この障害ハードディスクにUSBを接続するには外付けのUSBケースが必要になります。費用は様々ですがケースだけなら2000円から4000円程度で購入可能です。

IDEもしくはUSBで接続ができたらハードディスクの認識を管理画面で確認します。WindowsXPを始め一般的なウィンドウズPCの場合、コントロールパネルを起動したら、パフォーマンスとメンテナンスを選択し管理ツールの中からコンピュータ管理を選んでディバイスの管理を選択します。ディスクの管理で認識することができれば、マイコンピュータで認識されなくてもハードディスクの復旧ができる可能性が高いです。

パソコンは精密機器なので、ちょっとしたことが命取りになるので無理して自分で直すのでなく専門業者に依頼することを最初から検討する方が安全でしょう。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る