ハードディスクの仕組みと機能解説

データを保存するための装置がハードディスク(HDD)です。 人間で言うなら記憶する脳に当たります。 このハードディスク内部にプラッタと呼ばれるアルミニウムやガラスのディスクに磁性体を塗り付けて、データを読み書きするのに磁気ヘッドを使用します。

つまりデータの読み書きを磁気で行っているわけです。そのため、磁力の強い場所や磁石の近くにおいておくと壊れやすくなるので注意が必要です。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

このプラッターを挟んでいるのが、磁気ヘッドです。高速回転する磁気ヘッドを複数重ね合わせて、データを記録させるためにそこに磁気ヘッドを10ナノまで近づけます。 その場所で磁性体の磁気を変化させてデータを記録することができます。 ディスクと磁気ヘッドの距離が僅差なので、ちょっとした衝撃で衝突をするので振動に弱く壊れやすいので細心の注意が必要になってきます。

ハードディスクの構成は円盤、磁気ヘッド、磁気ヘッドをプラッターに移動させるためのアームアクチュエーター、制御基盤の主に4つパーツから成り立っています。 プラッタは1枚のディスクのことです。 ヘッドとプラッタの表面のことを呼びます。

このプラッタは何重にも重なり番号が付けられます。 各円盤を区分ごとに分けて円盤のどこに情報を保存したか分かる様に範囲を定めることができます。

今日現在、ノートパソコンのディスクのサイズが2.5インチ、デスクトップパソコン用のサイズが3.5インチです。 スカジー(SPSI)やIDE(ATA)、サタ(SATA)SSDなどでを使いパソコンの記録装置として接続します。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る