\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM。もしも画面にこんなものが表示されたら

system32

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM、
次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE 、

そのほかにも

  • OPERATING SYSYEM NOT FOUNDや
  • NTLDR is missing Press Ctrl+Alt+Del to restart
  • DISK BOOT FAILURE、BOOT DISK FAILURE、HardDisk ERROR
  • Hard Disk None
  • 初期化してください
  • フォーマットされてません
  • ご迷惑をおかけしております。windowsが正しく起動できませんでした
  • 青い画面に白い文字(ブルースクリーン)で0x0000007B

などこのようなメッセージが表示された時はパソコンに何らかのトラブルが発生している時です。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

トラブルには色々なケースが存在しますが、自分でデータ復旧を行なってしまうと二度とそのデータを復旧することができなくなってしまうリスクがあります。

ハードディスクをデータ復旧業者に委託して、修理をしてもらう方が賢明な判断です。

トラブルとしては、BIOSが認識できないためにデータの読み取りができない、巡回冗長検査(CRC)エラーのメッセージが画面に表示される。

画面に(ドライブ名):\にアクセスできませんのメッセージが表示されてハードディスクの中身が表示されない。

0x0000007Bのメッセージが画面に表示されている。

そのほかにもメッセージで「このフォルダは移動または削除されました」と表示される。

マイコンピュータが表示されないけど管理画面ではドライブ認識ができるが容量が正しく表示されない。

今までは鳴らなかったキーキーカツンカツンと言う様な異常な音がハードディスクの電源を入れると鳴る。

基盤が熱いのにモーターが回転していない、焦げ臭いニオイがハードディスクの基盤からして焼けた痕跡がある、何らかのエラーメッセージがパソコンに表示される、などがあります。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM、とエラーメッセージが表示された場合の多くが、バッドセクター(不良セクター)で良く起こります。

データが保存してある箇所でバッドセクター(不良セクター)が発生した場合、データの読み書きができなくなり、システム系ファイルが保管してある場所で発生した場合、「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした。」と警告メッセージが表示されるケースが良くあります。

対処法としては、データが必要な場合と不必要な場合とで分かれます。

データが必要ない場合には、ハードディスクを交換し初期化リカバリーすることで、メーカーの工場出荷状態に戻せます。但し、この場合、データを保管していたハードディスクは戻ってきませんのでデータは失われます。

そのためデータが必要な場合、メーカーに修理依頼してはいけません。データが大切な場合、データ復旧の専門業者に先に依頼しなければデータは戻ってきませんのでご注意ください。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る