パソコンのセキュリティ強化はデータ復元とのバランスで考えよう

コンピューターセキュリティは非常に大切な部分です。何らかのシステムトラブルがあった時、データ復旧と会社の機密を漏らさないことの両面が求められますが、このバランスはとても難しいことです。しっかりとセキュリティをかけてしまうとデータ復旧が困難になるからです。

逆にセキュリティが甘い方がデータ復旧は簡単ですが、セキュリティを強化している場合は、暗号化システムに異常があった場合データ復旧ができないかもしれない、ということを理解しておく必要があります。

尚、データを暗号化するセキュリティには2つの方法があります。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

1つめは、ファイル単体を暗号化する方法で秘文やEFSなどのソフトに使われています。多くの企業で使用されているのが、ファイル単体を暗号化するWindowsのEFSソフトです。不可欠なのが管理者IDとパスワードです。

内容を公表することができないような場合、暗号文を元に戻すことができず会社のセキュリt氏関係上、データ復旧の可能性はありません。

もう1つが、ハードディスク本体のファイルを丸ごと暗号化する方法で、POITSECやSAFEBOOTなどで使用されています。ハードディスク全体を暗号化することで普段はIDやパスワードの入力が不要ですが、異なるOSを使用する場合、IDとパスワードが必要になります。

企業によってはサーバーのハードディスクごと暗号化してセキュリティを強めている所もあります。

しかし、ハードディスク本体のファイルを丸ごと暗号化した場合、トラブルがサーバ自体に起きた場合、データも全て復元することはできません。

そのためノートパソコンやUSBメモリーなど持ち歩けるものだけを暗号化するようにした方がベストです。

何らかのトラブルが起きても一部分だけで済むので企業にダメージを与えることがないので、大きなトラブルに発展しません。大事なのは万が一のときのデータ復旧作業とセキュリティのバランスです。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る