データ復旧サービスで勘違いしやすい拡張子の確認は入念に

データ復旧業者に見積りを頼むとファイルが見積り一緒に掲示されるので、キチンと目を通して確認をする必要性があります。

さらに、大事なのがデータファイルの拡張子です。WordやExcelは主に.doc、.xlsの拡張子で、.jpgは画像の拡張子になります。

しかし.lnkの拡張子だった場合は、実態のないファイルでショートカットの拡張子になるので、気を付ける必要があります。本物であるデータの名前とショートカットの名前は同じで拡張子が異なり、実態のないファイルが.lnkです。

パソコンに詳しい人であれば拡張子を見ただけでわかりますが、パソコンに詳しくない人からすれば違いが分かりにくいと思います。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

業者からのファイル一覧の掲示を見てみると、記載されている名前がファイル復元業者比較.lnkはあるのに、ファイル復元業者比較.docの名前がなかった場合、ファイル復元業者比較.docは復旧の対象外になっているということです。データを取り出すために業者は現状のハードディスクから情報を読み取ります。

そのためトラブルが発生する前の状況をデータ復旧業者は何も知りません。データを作った本人しかトラブルが起きる前の状況を把握している人はいません。復元可能なファイル一覧が業者から掲示されたら、自分の記憶を参考に必要なデータがファイル一覧に記載されているか拡張子を含めてキチンと確認してください。

調査見積りは無料で対応してくれる業者が増えていますが、正式依頼後に.lnkの拡張子に気付いて変更を依頼してもキャンセルが不可能なところがほとんどです。

業者とのトラブルを起こさないためにも細かい部分まで自分の目でキチンと慎重に確認して、業者頼みにしないようにしましょう。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る