データ復旧をするなら知らないと危ないポイント

データを復旧するためにハードディスクを開いてハードディスクの物理障害を確認することがあります。

ナノ単位で計算されて組立てられたのがハードディスクなので、分解できたからと言って再度組み立てができるというわけではありません。精密機械なので、データ復旧のためにハードディスクを開いたら100%完璧の状態に戻ることは不可能です。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

データを復元させるためにもコンピューターが停止した、Windowsのロゴマークが出る前に動作が止まってしまった、という場合は専門業者に依頼することが賢明な判断と言えます。その時、重要になるのがハードディスクを開けるか開けないかということです。

修理の見積りを出すために送ったら業者によってはハードディスクのデータ面にマジックで何か文字を書いて、組み立てる際にネジを使わずに組み立てていることもあります。そのため、このようなことをされると他の業者に見積りを出すことができなくなります。

データ復旧業者には、このようなヒドいコトをして他の業者に修理依頼ができなくして高額な見積り料金を出す業者がいます。高額な料金を支払ってもデータを復旧してもらうか、データ復旧を諦めるかのどちらかしか選択肢がありません。
業者にデータ復旧を依頼する場合、見積りだからと言って適当に選ぶことは良くありません。

データ復旧をするなら最初から頼む業者を色々な面から慎重に検討しなくてはいけません。
料金やサービス技術も大事ですが、ハードディスクを開閉するかは必ず確認をした方が無難です。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る