WindowsのGPT保護パーティションとは

GPT

GPT保護パーティションは、GUIDパーティションテーブルが作られたハードディスクには必ず作成されます。このGUIDパーティションテーブルが起動ディスクとして必須なのがインテル製のCPUです。

GPT保護パーティションも必然的に作成されます。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

ハードディスクのパーティション管理の方法は、MBRとGPTの2種類があります。

MBRとGPTの両方を現在一般的に販売されているマイクロソフトのWindowsのオペレーションシステムで使用することができます。ですがWindowsXP以前のWindows98やWindowsMEの場合はMBRしか使うことができません。

管理ツールを使ってWindowsXP以前のオペレーションシステムで確認してもGPT保護パーティションと表示されるだけでアクセス接続をすることは実際にはできません。

USB外付けハードディスクや大容量化する内臓ディスク2TB(テラバイト)の壁を超えるために作られたパーティション管理方法がGPTなのです。そのためWindowsXP以前のWindows98やWindowsMEのオペレーションシステムは200MB(メガバイト)以外の範囲を扱うことが不可能なので、GPT保護パーティションには接続することができません。

ではWindowsXPでGPT保護パーティションを消す方法はあるのかといえば、コマンドプロンプトを開いてdiskpartコマンドを実行してcleanとコマンド入力することで、開放することができます。

但し、データも消失するため、保存データが重要な場合には、決して行わないように気を付けましょう。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る