スキャンディスクは危険がある。パソコントラブル時にはやってはいけない

スキャンディスク

スキャンディスク(チェックディスク)でデータを復元することはできません。

そもそもスキャンディスクはWindowsなどのオペレーションを正しく起動させるためのものです。.CHKというファイル名で保存されているのは、スキャンディスクで直すことができず、トラブルを起こしたフォルダがFOUNDというフォルダになっています。

新たにCHKファイルとして保存されるのでデータは消えてしまい周辺の情報も消えます。
そのため元のデータに戻すことはできません。

物理的なハードディスクのトラブルが起きた場合、プラッターの記録面データの読み込みや書き込みが認識されないので、メッセージでスキャンディスクを実行する様に警告がでます。

しかし、このメッセージにはデータが消えてしまう可能性があることは表示されません。そのため、パソコンに知識がない人は危険性を知らないままメッセージの通りにスキャンディスクを実行します。

データ復旧業者はどこがいい?調査・見積もり無料!

おすすめのデータ復旧業者はこちら♪

大変なコトが起きてしまうのは、この時にスキャンディスクを行なった場合です。なぜなら、ハードディスクに莫大な負荷がかかってしまうので、データも消失してトラブルがより深刻な状態になってしまいます。

こうなってしまうとデータ復元のプロやデータ復旧サービス会社に依頼しても、データを復元することは困難でほぼ不可能です。

仮にスキャンディスクのメッセージが度々ハードディスクには表示されるけど問題なくハードディスクが使えたとしても、動作が異常と言う証拠なのでクラッシュして壊れるのも時間の問題です。

復元を不可能にする確率が高くファイルやフォルダのの中身を破壊してしまう恐れがあるスキャンディスクを実行する場合は、慎重に作業を進める必要があることを把握しておきましょう。

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る