データ復旧業界の老舗『アドバンスデザイン』の実際の料金と評価レビュー

1995年に創立された『アドバンスデザイン』は、データ復旧会社として、歴史と実績に富んだ会社です。

業界内でもデータ復旧の先駆けとして活躍し、サービスの質が高いと評判です。最近では主にバッファロー社製のリンクステーションなどのRAID構成や、ネットワークストレージデータ復旧を取り扱っていて、料金についても高過ぎず安す過ぎず?、復旧費用は標準的なものとなっています。

データ復旧業界の標準的な相場を知りたければココに依頼するのが良いでしょう。アドバンスデザインよりも安い復旧サービスを実施している会社もありますが、どれほど違うのか?知るには一番、わかりやすい会社かも。


尚、料金の内訳としては、ダメージレベルによって4段階に分けられています。最低価格からの表記なので実際はこれ以上かかるケースが一般的です。また料金は年々変化しますので必ず公式サイトでも確認ください。

 ダメージレベル1 軽度の論理障害   … 17,800円~
                       誤ってデータを消してしまった
                       オペレーションシステムのトラブル、など

 ダメージレベル2 中度の論理障害   … 50,000円~
                       パーテーションの消失
                       外付けHDDのトラブル、など

 ダメージレベル3 重度の論理障害   … 125,000円~
                       HDDは認識されるけど中身を読み取ることが出来ない
          軽度の物理障害   …  読み取りエラー・基盤トラブルなど、
                       HDDの使用年数に関係なく起こるもの

 ダメージレベル4 中・重度の物理障害 … 170,000円~
                       異音発生後にHDDの認識が出来なくなった、など

『アドバンスデザイン』では、修理に要する時間は障害内容によっても変わりますが1、2週間程度となっていますので、時間的にゆとりを持って依頼をした方が良さそうです。特に急用でもなく、費用も普通で、信頼の高い会社に依頼したい場合には非常におすすめです。

但し、最近はサーバーやレイドなどの大規模システムをメインにしているせいか、個人ユーザーからの問い合わせにはレスポンスがあまり良くないという評判もあります。担当者次第かもしれませんが、まずはご自分で直接、電話やメールで問い合わせをして判断してみるのが良いかもしれません。

尚、修理終了後には、顧客ナンバーのシールがHDDに貼られているので、もしもパソコンを処分する必要が生じた際は、必ずこのシールも処分する必要があります。そのためノートパソコンや外付けHDD,デスクトップPCなどの調査復旧を依頼した場合、最終的には自分でケースを開封してハードディスクを取り外しシールを剥がさなければいけないので結構面倒かも!?。

このようなシールが気になる方や故障依頼品の処分を予定している方は、このシールを返却時に、剥がしておいてもうえるように依頼しておいた方が、後々、面倒が少なくすむかもしれません・・・。

このようなシールは管理番号が記載されていたりしますのでアドバンスデザインだけに限らず、他社でも同様なケースがあります。ハードディスクなど単体で送ったときは良いのですが、分解が面倒なノートパソコンやモニター一体型PC、USB外付けHDDを依頼する場合には、若干、注意が必要です。そのほかは◎!

アドバンスデザイン

あなたにオススメなデータ復旧業者どこ?

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

関連記事

問合せ

ページ上部へ戻る