最新の記事一覧

パソコンに障害が起きている時の症状

パソコンに障害が起きている時の症状として、主に2つの種類があります。
それは論理障害と物理障害です。例えば、パソコンの場合、ウィンドウズが起動できないといったトラブルが良くありますが、その障害の種類によっては全く故障原因が違います。故障原因が違うと復旧費用も1桁かわるほどです。

論理障害

オペレーションシステムの起動メータが画面に表示されたまま一向に進まない
青い画面に白い文字の英語が表示される(ブルースクリーン)
Windows開始のロゴマークが出た後に作動しなくなります
『フォーマットされていません。フォーマットしてください』などフォーマットの要求画面が表示される

物理障害

ハードディスクのモーターが回転している様子がない。
ハードディスクから変な音がする
机の上から落としてしまった。またはノートパソコンを鞄に入れたままクルマに轢かれた・・・。

物理障害の場合、個人ユーザーが回復させることは残念ながら出来ません。大切なデータが保存されている場合、出来る限り通電せずにデータ復旧の専門会社に相談しましょう。最近では家電量販店などでもパソコン修理をおこなっているところもありますが、物理障害の場合、直接は対応できないのでデータ復旧専門会社の代理店としてサービスを提供しています。ですが、中間マージンが発生するのでその分だけでもかなりの損をします。

大体1件あたり5万円~10万円は損をすることになるので、少しでも安く復旧したい人は専門のデータ復元サービス会社を利用した方が良いでしょう。

データ復旧サービスについて無料相談するなら

セーフモードで起動できるかどうか

パソコンの論理障害トラブルの原因は、Windowsのシステムファイルに原因があるケースがほとんどです。他にもウィルス感染でも同じ様な症状が出ます。

解決方法としては、電源を入れたら、起動選択メニューが表示されるまでF8のキーボードを繰り返し押します。メーカーによって違いますが、F8キーはセーフモードで起動するように指示を出すことを意味します。

またはそれから前回正常起動時の構成をメニューから選んでください。
もしこの方法で解決しなかった場合は、セーフモードを選ぶことで起動する可能性があります。

最近インストールしたプログラム(アプリケーション)やUSB機器、接続しているデバイスにエラーがあった場合には、Windowsをセーフモードで開始できれば状態を正常に戻すことができるはずです。

WindowsXPやWindows2000を使用している人は、前回正常起動時の構成が以下のステップで作動するか試してください。

まずは、電源を入れます。
コンピューターが起動作業をしている時にF5もしくはF8のキーボードを押します。
ウィンドウズ拡張オプションメニュが表示されたら押していたF5もしくはF8のキーボードを離します。
次に↑↓のキーボードーを押して前回正常起動時の構成を選択してenterのキーボードを押します。
オペレーションシステムの選択という画面が表示されたら起動させたいオペレーションシステムを選択してenterのキーボードを押してください。

前回正常起動時の構成、セーフモードの両方で起動しなかった場合、ハードディスク内の起動関連プログラムが破壊されている可能性があるので、付属品の復旧用リカバリーCDやDVDで復旧起動をしてWindowsをインストールしなおす必要があります。または購入時に回復コンソールが入ったDVD-Rなどを作成している場合には、それを使用します。

大事なデータがある場合には

但し、Windowsをインストールしなおすとハードディスクをフォーマットしたり、上書きをするため保存してあったデータが消えてしまう可能性が高いので注意してください。大事なデータがある場合には、何もせずにデータ復旧業者に問い合わせてみましょう。

最悪なのは、本当はなにもせずにデータ復旧業者に依頼していればすべてのデータを復元することが出来たのに、色々な操作を試してしまったばかりにデータを壊してしまったりして2度と復元できなくしてしまうことです。

特に結婚式や披露宴の写真や動画、子供が産まれたときのビデオデータ、そして運動会や入園式、卒園式、など2度と手に入れることが不可能なデータがあるばあいには特に注意が必要です。

あなたにオススメなデータ復旧業者

万が一、データを復旧する必要になった場合には一度、データ復旧専門業者に相談されることをおススメします。 当ブログで何故、5年連続ナンバー1なのは?その答えをあなたも実感するはず。

復旧料金・カスタマーサポート力・復元実績・総合NO1。

当ブログで5年連続おすすめナンバー1なのは?

問合せ

ページ上部へ戻る